パソコンのデータはUSB外付けディスクかNASを用いるほうがいいのか

パソコンを使っていると個人で作ったファイルや写真などのデータが段々溜まってきます。

これまでパソコン内にデータを保管してきたけど、いよいよ整理した方がいいように感じてきた。

整理したいけどどんな方法が一番いいのだろうか。

など悩んだことはないでしょうか。

ここでは個人ファイルや写真などのデータをどうやって処理したらいいのかお伝えします。

最後まで読んでいただければ、パソコンとの向き合い方がきっと変わります。

結論を言うとNAS(LAN接続ディスク)で管理する方法が1番安全で楽です。

それは最も安定していて、どこからでもアクセスできるからです。

目次

どこからでもアクセスできるNAS

NASという言葉は聞いたことがあるけど、実際にどんなモノかあまり馴染みがない方も多いと思います。

カンタンに言うとNASはLANでパソコンと繋がったハードディスクと思ってください。

NASについて少し説明したいと思います。

いちばん簡単なパソコンとの接続にはUSBがあります。

USBメモリはパソコン買ったらすぐに手に入れちゃうアイテムだよね

USB端子がついていないパソコンは基本ありません。

そのためUSB(メモリ)を使ってなにかのデータを出し入れした経験はお持ちかと思います。

たとえばデータを移動させる際にUSBメモリをパソコンに接続すると、パソコンはUSBメモリを認識してデータをUSBメモリに移動させることができます。

USB外付けHDD -コンパクトサイズでTB単位の保存も可能-
外付けHDD(1TB)

一方でノートパソコンは、多くが無線LANによってインターネットにつながっています。

これはインターネットというサイトにパソコンがつながり、得たい情報がパソコン側にダウンロードされることで閲覧可能となるからです。

この無線LANは実際にはLAN接続というものでつながっています。

デスクトップならさらにわかりやすく、有線LANというLANコネクタがパソコンに刺さっています。

このようにパソコンはUSBに限らず、LANでつながっているものでも外付けのハードディスクにアクセスできます。

NASなら部屋中どこでも接続できるから便利
一部写真出典 IO-DATA

NASをつなげると部屋がまるでサーバーを置いたようになって、どこからでもアクセス可能に

このLANでつながった外付けディスクがNASという接続です。

USBはパソコンと1:1でしか接続できません

ところがNASはLANでつながっているので複数のパソコンから接続することが可能です。

一度NASを使用したらUSB外付けには戻れないよ

複数台のパソコンと接続できるメリットは、たとえば家族間で同じハードディスクを共有したりできます。

またノートパソコンとデスクトップパソコンの複数台が同時に使用されていても、NASにそれぞれのパソコンからアクセス可能です。

USBなら一台一台接続のたびにUSBを一回ずつ切断と接続を繰り返さなければなりません。

KATUオススメのNAS:アイ・オー・データ
筆者はIOデータのNASを15年間使い続けています:
アイ・オー・データ機器 ミラーリング対応 超高速NAS 2.0TB 3年保証 HDL2-AH2.0

最初の設定だけしてしまえばあとはカンタン

USB外付けHDDはパソコンに接続さえすれば、ディスクを認識してくれます。

一方NASは初期設定をしておかないと繋がってくれません。

それはNASが一つのネットワーク空間でパソコンとつながるためです。

僕でもできそう

ここでネットワークと聞くと難しいと感じるかもしれません。

しかしすでに読者のパソコンがこのサイトを観ているので、すでに読者はネットワークに参加しているのです。

ネットワークにはインターネットのような広いネットワークと、NASのような狭いネットワーク2つがあります。

狭いネットワークは、初期設定のまま何も触っていないなら、LANに差し込んだだけでパソコンから閲覧が可能になります。

だいたいは自動で設定してくれるよ

パソコンが無線LANに接続できているなら、NASのアドレス設定も自動で割り振られます。

具体的にネットワークにつながったNASに接続してみましょう。

Windowsでエクスプローラーを開いて左窓側にあるネットワークを確認します。

ネットワークって聞くと難しいイメージがあるけど設定は1回だけだから

NASや他のパソコンが存在しない場合、自身のパソコンだけがネットワーク空間に存在します。

そこにNASをLAN接続したならネットワーク上にパソコンのアイコンでNASが見えます。

このパソコンのアイコンをクリックすることでNASにアクセスできた状態になっています。

NASを発見してくれるアイ・オー・データの優れものソフト

もしNASが見えないということでしたら次の方法を試してください。

IOデータ製品ならLAN DISK CONNECTというソフトウェアでNASをカンタンに発見してくれます。

LAN DISK CONNECTを使えば自動でNASを見つけてくれる

NASが見つかると中心部に表示してくれる

以前はLAN DISK CONNECTというカンタン接続ソフトウェアが無かったので苦労しました。

時々NASが出てこない状況を経験したのでNASのアドレスを手動で調べていたからです。

しかしLAN DISK CONNECTというソフトウェアのお陰で、初期接続でも見えなかったNASを自動で発見してくれるようになりました。

この機能のおかげでNASは大変身近なものになりました

筆者はIOデータのNASを2台使用していますが、最近ではネットワーク接続も安定しているので安心して使用しています。

使い方はカンタンです。

LAN DISK CONNECTを立ち上げると自動でIOデータのNASにアクセスしてくれます。

これは万一ネットワークアドレスが異なっていても発見してくれる仕組みとなっているようです。

自宅でLAN環境がすでに整っているなら、パソコンはじめ周辺機器のアドレスは自動で割り振られています。

この場合LAN DISK CONNECTが自動でNASにアドレスを割り振って接続してくれます。

LAN DISK CONNECTで発見できたNASにアクセスすると、USB外付けと同じようにディスクの中身が確認できます。

見た目はUSB外付けHDDの接続と変わらないよ

ネットワークが構築できたならあとは、自動で接続されたNASにアクセスするだけです。

USB外付けのように使用可能となります。

無線接続は大きいデータのやり取りが苦手

/3NASは自宅やマンションなどのローカルネットワークの空間で使用でき非常に便利です。

ただ一つ問題があります。

それは転送速度がとても遅いという欠点です。

ちょい遅すぎて寝入っちゃいました・・

USB外付けの場合は、転送速度は通常USBの転送速度に依存し、直接ケーブルでつながっている分だけ転送速度はそれなりに期待できます。

しかしLAN接続の場合、使用している無線LANの速度が転送速度の最大値となってしまいます。

最大値と聞くと早く転送できそうですが、無線LANの転送速度は以外にも遅いのです。

公称値でデータをやり取りすることはまず不可能です。

無線早いって書いてあったけど・・

特に写真や動画データをパソコンとNAS間でやり取りする場合、非常に転送速度が遅く感じられます。

文書データなどの非常に小さなデータなら問題はありません。

大きなデータを無線でNASとやり取りするととっても遅くなるんです

たとえばデジタルカメラで撮った写真100枚を無線LANを使用してNASに転送するときなど分ではなく時間単位で放置することもあるのです。

有線LANとNASの組み合わせは無敵

NASは家中に張り巡らされたネットワークを部屋中で自由に使用できるメリットがあります。

そのため無線LANが使える環境で、NASを利用するメリットは本来とても大きいのです。

一方で写真などの転送が遅いデメリットが有るため、大きなデータを無線を使って転送することは避けたいところです。

この対策として、無線LANに装備されている有線LANコネクタを利用することです。

結局、有線でつなぐのが一番なんです!

NASには無線、有線に関わらず何かしらの方法でLANに接続されています。

仮にルーターにNASが有線でつながっていたとしましょう。

こんなときパソコンに有線LAN接続ができるなら、パソコンとルーターとを有線で接続してください。

これで間接的とはいえ、有線でパソコンとNASが接続された環境ができあがります。

USBもケーブルでつながっているからデータの出し入れが早いんです

この有線接続はちょうどUSB外付けをパソコンに接続した状況に似ています。

この状態で写真や動画などの大きなデータをNASに保存すれば、あっという間に転送ができるようになります。

一見、このような間接的接続は面倒なように感じます。

しかし大きなデータファイルをNASに転送する作業は、年間でそう多く発生するものではありません。

多量なデータを取り扱うのは基本NASを入れたときだけです

むしろNASといういつでもどこでもパソコンからアクセスできる環境を大きなメリットとして考えるならたまの作業も苦にはならないと捉えるべきです。

USB外付け(ハードディスク)は一時保管用

使えなくなるリスクを考えておく

USB外付けは野外への持ち運びなど、大きなデータを移動できる点で大変優秀です。

ところが持ち出すと言う行為は、何かしらのアクシデントで紛失の危険性や落下などの障害のリスクが伴います。

また出張先に置き忘れるなど、物理的にUSB外付けディスクを手元からなくした場合、どうしようもありません。

また持ち出すことがないとしても、いつも置いていた場所から消えていたなど記憶違いで探す羽目になることもあるでしょう。

USB外付けってMacintoshとWindowsで共用できないことがあります

フォーマットの違いで読み込めないものがあるんだよね・・

USB外付けディスクは最近はとても小さなサイズで持ち運びが便利になりました。

とは言え、大切なデータを何かしらのアクシデントで無くすような事態は移動がカンタンなだけにゼロではないのです。

USBメモリは数日間だけの使用に限定

消える運命にあるメモリ

USBメモリはポケットに入る大変小さなガジェットです。

この便利さは他のガジェットにはないもので、便利さ故に複数個持っているという方も多いでしょう。

ところがこのUSBメモリは、ハードディスクのように物理的な書き込み方法ではなく、電気的信号により記録されたものです。

SDなども同じです。入れっぱなし保存は大変危険です!

フラッシュメモリと呼ばれるこの手の記録媒体は、長期間放置したままでいると電気の力が失われるためいつまでも記憶し続けることが困難となります。

そのため複数ものUSBメモリを引き出しの中に仕舞っておくことはデータをいつ無くしてもおかしくない状態と考えておくべきです。

USBメモリはあくまで一時保管用の使用にとどめ、大切なデータは必ずハードディスクに保管しておきたいものです。

CDやDVDは使えるないの?!

弱点は熱に弱い

 CDやDVDが気軽に取り扱えるようになったのは2010年より前に遡るでしょう。

R-が頭に付いたDVDのお陰で大きなデータをDVDに焼き込むことができようになったのも事実です。

ところがこのDVDやCDには大きな欠点があり、長らくこの媒体に大切なデータを保存することは止めたほうがいいと筆者は提言します。

嬉しくてレンタルしてきた音楽CDはほとんど聞けなくなりました

理由は、DVDやCDは経年劣化によって焼き込みの間の空間が広がるため、データが読み込めなくなる現象があるからです。

2010年頃は100年間の保存ができると言われてきたDVDですが、実際には数年間でデータを読み込まなくなった事例も確認しています。

これは日本の四季に大きく関わっていると推測します。

日本の気温は、関東や関西などの本州を基本とした場合、冬場で5℃、夏場で35℃にも達します。

この30℃の気温幅は、DVDの焼き込みの溝に大きな影響を与えます。

DVDやCDもつかの間の保存媒体だと使ってみてよくわかりました

ちょうど、電車のレールが夏場に広がり冬場に狭まるように焼き込まれたDVD書き込み情報も温度の影響を大きく受けることになります。

この温度変化を受け続けると、データを焼き込んでいた最初の状態がどんどん失われ劣化が加速します。

昔、使えなくなった音楽CDを冷凍庫に入れると復活すると言われたことがありました。

実際に試してみると冷凍庫に入れたCDは一瞬ですが復活した経験があります。

聞いているうちにだんだん熱くなるので結局聞けないんだよね

同じようにR-DVDに保管し続けることはデータの読み取りができないリスクがとても大くなります。

貴重なデータは早めのバックアップで消さない工夫

クラウドと併用しよう

筆者は写真データを何重にもNASで保存しています。

それは失う損失の痛手の方が、保存する面倒さよりも遥かに大きいからです。

遠方での撮影や、二度と見ることのできない光景は、そのデータ以外存在しません。

写真や動画のデータって撮り直しができないから貴重なんです

そのため写真データは2台のNASに保管するとともに、同時にクラウドにも保存することにしています。

ただクラウドはインターネットでのデータやり取りが基本となるため、アップロードにもダウンロードにも非常に時間がかかります

またダウンロードしたものは圧縮がかかっているなどの、利便性の悪さもあり基本保存しているだけです。

そのためクラウドへのデータ保管は、あくまで保険的な使用にとどめています。

日常の編集などで使用する写真はNASで保管しているデータを用いています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次