プロフィール

こんにちはKATU(@gfwtr)です。

パソコン履歴(1984年~)


17歳の頃、友人の兄が持っていた富士通パソコンFM-7に興味を抱く。

友人に相談し、わずかながら貯めた小遣いをはたいて念願のパソコン(シャープX-1)を購入。

喜んで家に持ち帰えるも、パソコンにつなぐモニターが無いことに気付く。

モニターなど高嶺の花でテレビに接続するコンバータを買う羽目に。泣く泣く数万円投資。

当時パソコンなど誰も知らない時代、家族からはバカ扱いされる。


いま思えば、高校生にはきつい投資でした。

シャープX-1は、3インチフロッピーディスクドライブという超独自の装置でした。

そのため1985年当時の金額で、ペラペラのフロッピーディスク1枚がなんと2,000円もしました。

高校生で高額なフロッピーディスクを何枚も買えるはずもありません。

鞭打つように、数年後フロッピーディスクドライブが故障。

田舎暮らしの最中で量販店など遥か彼方の存在。

個人経営の電気屋さんに相談するも、2万円の修理代が必要と言われ、頭が真っ白に。

今思えば本当にパソコンに大枚使い込んだものです。

大学時代には独学でBASICを学び、本を見ながら簡単なゲームをプログラミングし盛り上がる始末。

のちにNECのPC-9801シリーズ(パソコン)が大流行。

波に乗って5インチフロッピードライブ2枚装着付きのPCをモニターセットで購入。

花子(カクカクお絵かきソフト)と一太郎(文書作成ソフト)でせっせと卒業論文を作成。

卒業後、企業に入社。はじめてのMACパソコンとの出会い。

ChemDraw (現在はChemBioDraw)という化学構造をスムースに描けるソフトを使い目からウロコ。

MACパソコンは購入こそしていないが、企業で長く使用し続けたおかげで使い方はマスター。

Windows98の登場により、Windowsパソコンへシフト。

当時インターネットは電話回線でつないでおり、おどおどしながら通信料金とにらめっこ。

バブルが弾けて2000年に父の勤務先が倒産。

父の立ち上げた会社に協力しようと独学でホームページ作成に乗り出す。

関連記事(KATUと家族の物語:エッセイ)

これまで使用してきたパソコン

ノートパソコン
  1. エプソンダイレクト
  2. ソニー
  3. 富士通(FM-Vシリーズ)
  4. パナソニック(レッツノート)
  5. ASUS(K52f)
  6. ASUS(モバイルパソコン)
  7. HP(Pavilion Gamingシリーズ/Core i7):2020年~

デスクトップパソコン
  1. エプソンダイレクト(BTO)
  2. マウスパソコン(BTO)
  3. 自作
    (マザーボード:ASUS、CPU:AMD/Athlon64) 2000~2010年
  4. 自作
    (マザーボード:ASUS/H97pro、CPU:intel/Core i5)~2020年
  5. 自作
    (マザーボード:ASUS/B550plus、CPU:AMD/Ryzen5600X)2020年~
  6. 自作
    (マザーボード:ASUS/PRIMEH570PLUS、CPU:intel/Core i5)2021年~

使用経験のある主要ソフト

  • 一太郎(ジャストシステム)
  • 花子(ジャストシステム)
  • Microsoft Word
  • Microsoft Excel
  • Microsoft PowerPoint
  • Adobe Photoshop
  • Adobe Lightroom
  • Adobe Dreamweaver
  • CyberLink PowerDirector
  • Shotcut

現在のパソコン活用方法

映像関係
  • 写真作品作りに取り組み、膨大な写真データをパソコンを駆使して管理中
  • YouTubeなど動画撮影と編集にも取り組み積極的にアップ

スマホはiPhoneを使用。

老眼で画面が小さく文字が見えづらいためiPad miniを愛用。


もしパソコン関係で何か悩み事があれば気軽に相談してください。

旅の履歴

2010年頃まで撮影目的に日本アルプス・四国・九州の百名山の登山を楽しみ、30代の頃は毎週長野県に行っていました。

旅グセが加速して、さまざまな都道府県に出没。

足を踏み入れていないところは、茨城県ただ1県となりました。

現在は岡山県・鳥取県・島根県・東北各都道府県を中心に、さまざまな旅を楽しんでいます。

中でも東北地方は趣があり、何度も訪れたい地域となりました。

観光地とは程遠い場所を見つけては撮影する発見旅を繰り返しています。

写真(1992年~)

1992年、ある山岳写真家の映像を観て感動。

写真の世界に惚れ込み、真似をしてフィルムカメラを購入。

国内を撮影し、35mmフィルムカメラから645、66、67、69、ついにはシノゴまで使い始める。

これまで使用してきたカメラ

フィルムカメラ
  • 4 ✕ 5インチ
  • リンホフマスターテヒニカ
  • リンホフテクニカルダン
  • タチハラフィルスタンド
  • ブローニー
  • ペンタックス 67
  • ローライフレックス 6008 professional
  • ペンタックス 645
  • ゼンザブロニカ ETR-si
  • フジフィルム GA645
  • 35ミリ
  • ニコン F3
  • ニコン New FM2
  • ペンタックス LX
  • ペンタックス Z-1
  • ペンタックス Z-10
  • コニカ HEXER RF
  • ミノルタ TC-1

デジタルカメラ
  • ニコン D40
  • ペンタックス K-5
  • ペンタックス K-1
  • ペンタックス K-1 Mark II
  • ペンタックス KP
  • オリンパス OM-D E-M1 Mark II
  • オリンパス OM-D E-M5 Mark II

当時、フィルムはモノクロでは富士フィルムのアクロス、ポジでは富士フィルムプロビアを愛用。

シノゴを使った建築写真撮影業務も数年間請け負う。

時代には勝てず、デジタルへ移行。

最初購入したデジタルカメラは中古でNIKON D40x。

フィルム時代に使っていたレンズ群を使いたくて、PENTAX K5を追加購入。NIKONは転売。

次第にデジタルにはまり、PENTAX KP、K1購入。PENTAX K5は転売。

Olympusのコンパクトさとレンズ性能に惹かれ、Olympus OM-D E-M5 Mark II購入。

シャッター音や軽快さが癖になり、Olympus OM-D E-M1 Mark II追加購入。

PENTAXも良いが、Olympusの使い勝手は群を抜いておりOlympusをメインに使用。

デジタルデータ保管方法を色々研究。

主にNASを用いた保管術を完成。

PhotoshopとLightroomで作品づくりに邁進。

自身のWeb Siteを立ち上げ、作品を掲載。

作品外の一部写真はストックフォトに投稿しています。

関連記事:投稿中のストックフォト

受賞歴

加賀市日本百名山写真コンテスト:第2回、第3回、第4回入賞

PENTAXファミリーコンテスト:入賞(複数回)

KATUの発信サイト

登録よろしくお願いします

You cannot copy content of this page